通販で人気があるのぼり旗の規格は?

のぼり旗を用いる場合、目的とする用途は何かやそれを掲げる場所が
どこになるかによって、大きさや使用する生地などを検討する必要があります。

一般的には野外での使用が多くなりますが、選択する大きさの決め手は
幅となります。幅はそれがあり過ぎると見づらい場合もあったり、
小さいとそれほどはためかないことでインパクトがない場合もあり得ます。

基本的にのぼり旗の形状は幅が狭くて縦長の形状が適しており、
その形状だと場所が邪魔にもならないので優れています。

特に通り沿いなどに掲げる上では幅が広いと邪魔になる可能性もあるため、
幅も狭く細長の長方形の形が一番最適となります。

通販などでも扱うことが多い一般的な規格としては、
幅600mm×縦1,800mm、幅600mm×縦1,500mm、
幅450mm×縦1,800mm、幅450mm×縦1,500mmの
四つのサイズが主流で、その他にも幾つか大きさを
調整できることもあります。

もちろん通販でも人気のあるサイズはこの一般的な規格に基づいて
製作されたものです。

街頭などでもよく見られるのぼり旗のサイズは、そのいずれかに
なることが多いです。

実際にそのサイズののぼり旗の規格が選択される理由としては、
大量印刷にも適していることと一般的であるためコストを抑制できる
メリットがあるからです。

通販の価格表でもその四つをメインに料金表を作成していることも多く、
それだけよく購入され人気のあるサイズといえます。

通販サイトによっては幅600mm×縦1,800mmをレギュラー、
幅600mm×縦1,500mmをショート、
幅450mm×縦1,800mmをスリム、
幅450mm×縦1,500mmをスリムショートといって
区別する所もあります。

オリジナルののぼり旗を制作するコツ

のぼり旗というのは、既製品の中から選んで手に入れるという
方法もありますが、オリジナルのデザインで制作をして
手に入れるという方法もあるものです。

既製品の場合には、すでにデザインが完成されていますから、
より良い物を選べば良いだけですが、オリジナルの場合には
自分でデザインを考えなければなりませんから、既製品とは
違った注意点というのが出てくるものです。

例えば、のぼり旗に文字を入れる場合に、情報量が多すぎると
少し離れた距離からだと内容が認識できない場合があります。

自分が画面上でデザインデータを作っていく時には、
間近で見られますから、こういったことに意識が
回らないことがあるものです。

のぼり旗というのは、街の中などに設置をして、多くの人に
見てもらわなければ意味がありません。

場合によっては、交通量の多い大通り沿いの店先に
設置することもありますから、瞬時に内容の把握できないと
いけませんから、字が多すぎたり小さすぎるデザインというのは
不向きになるものです。

風の強い日は、駐車場ののぼりには注意が必要

風の強い日の、お店ののぼりには要注意です。
のぼりは風に大変弱く、すぐに折れてしまいます。

よくある話ですが、風の強い日に、駐車場に車を停めていたら、
のぼりが折れて車に傷がついたという事件です。

お店側は、「駐車場で自己が起こっても責任を問いません」と
いった看板が掲げられていることがありますが、それでも
責任を追及されることになります。

のぼり旗をきちんと固定していたのか?
また、どのような方法で固定を行っていたのか、固定されているか
どうかなどの確認を適切にしていたのか、など、いろいろと
質問されると、答えにつまってしまうことでしょう。

のぼりが倒れることで、お客様も、お店側も、損害を
被ることになりますので、風の強い日は、駐車場や、
道路側にのぼりは出して置かないように注意しましょう。

一般的なのぼりの通常サイズとは? 

一般的なのぼり旗の通常サイズですが、600ミリ×1800ミリが
よく見られる通常サイズです。

設置場所が狭い時、例えば、通路が狭い室内などに設置する場合は、
450ミリ×1800ミリのものが用いられます。
中には、900㍉×4000㍉のジャンボサイズのポールなども
市販されています。

このサイズの他にも横はそのままの長さで、縦の方向が
少し短いサイズもあります。
つまり、このサイズでなければならないと言った決まりはありません。

ですが、のぼり旗を掲げるポールのサイズを考えると、
450㍉×1800㍉、または、600㍉×1800㍉のサイズが
最もよく見かけるサイズといえるでしょう。

通常サイズでも、商店街によっては、のぼりの大きさに
規制がある場合もありますので、よく確認してから
オーダーしましょう。