風の強い日は、駐車場ののぼりには注意が必要

注意点

風の強い日の、お店ののぼりには要注意です。
のぼりは風に大変弱く、すぐに折れてしまいます。

よくある話ですが、風の強い日に、駐車場に車を停めていたら、
のぼりが折れて車に傷がついたという事件です。

お店側は、「駐車場で事故が起こっても責任を問いません」と
いった看板が掲げられていることがありますが、それでも
責任を追及されることになります。

のぼり旗をきちんと固定していたのか?
また、どのような方法で固定を行っていたのか、固定されているか
どうかなどの確認を適切にしていたのか、など、いろいろと
質問されると、答えにつまってしまうことでしょう。

のぼりが倒れることで、お客様も、お店側も、損害を
被ることになりますので、風の強い日は、駐車場や、
道路側にのぼりは出して置かないように注意しましょう。

気をつけて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)