通販で人気があるのぼり旗の規格は?

大きさ

のぼり旗を用いる場合、目的とする用途は何かやそれを掲げる場所が
どこになるかによって、大きさや使用する生地などを検討する必要があります。

一般的には野外での使用が多くなりますが、選択する大きさの決め手は
幅となります。幅はそれがあり過ぎると見づらい場合もあったり、
小さいとそれほどはためかないことでインパクトがない場合もあり得ます。

基本的にのぼり旗の形状は幅が狭くて縦長の形状が適しており、
その形状だと場所が邪魔にもならないので優れています。

特に通り沿いなどに掲げる上では幅が広いと邪魔になる可能性もあるため、
幅も狭く細長の長方形の形が一番最適となります。

通販などでも扱うことが多い一般的な規格としては、
幅600mm×縦1,800mm、幅600mm×縦1,500mm、
幅450mm×縦1,800mm、幅450mm×縦1,500mmの
四つのサイズが主流で、その他にも幾つか大きさを
調整できることもあります。

もちろん通販でも人気のあるサイズはこの一般的な規格に基づいて
製作されたものです。

街頭などでもよく見られるのぼり旗のサイズは、そのいずれかに
なることが多いです。

最適な

実際にそのサイズののぼり旗の規格が選択される理由としては、
大量印刷にも適していることと一般的であるためコストを抑制できる
メリットがあるからです。

通販の価格表でもその四つをメインに料金表を作成していることも多く、
それだけよく購入され人気のあるサイズといえます。

通販サイトによっては幅600mm×縦1,800mmをレギュラー、
幅600mm×縦1,500mmをショート、
幅450mm×縦1,800mmをスリム、
幅450mm×縦1,500mmをスリムショートといって
区別する所もあります。

オリジナルののぼり旗を制作するコツ

のぼり旗というのは、既製品の中から選んで手に入れるという
方法もありますが、オリジナルのデザインで制作をして
手に入れるという方法もあるものです。

既製品の場合には、すでにデザインが完成されていますから、
より良い物を選べば良いだけですが、オリジナルの場合には
自分でデザインを考えなければなりませんから、既製品とは
違った注意点というのが出てくるものです。

つくる

例えば、のぼり旗に文字を入れる場合に、情報量が多すぎると
少し離れた距離からだと内容が認識できない場合があります。

自分が画面上でデザインデータを作っていく時には、
間近で見られますから、こういったことに意識が
回らないことがあるものです。

のぼり旗というのは、街の中などに設置をして、多くの人に
見てもらわなければ意味がありません。

場合によっては、交通量の多い大通り沿いの店先に
設置することもありますから、瞬時に内容の把握できないと
いけませんから、字が多すぎたり小さすぎるデザインというのは
不向きになるものです。

目立つように