のぼり~夏祭りの際にも~

夏祭り
のぼりというと、スーパーなどの前に出されているものを
思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は色々なシーンで
使われている効果的なツールということが出来ます。

のぼり旗について熱く語ろう!

  1. のぼり旗の有効な使い方を知っていますか。
    https://www.elanillo.net/
  2. イベントを成功させる、勝てるのぼり旗の作り方。
    https://musicologiavenezolana.org/
  3. 車の展示販売におすすめなのぼり旗
    https://privatehungarian.com/

例えば夏祭りなどでも、いくつもののぼりを目にすることが出来ます。

メイン会場などには、場所などを示すためののぼりが立っている
こともありますし、出店の前に「わたあめ」「チョコバナナ」と
いうようなのぼりが出ていることで、遠くからでもお目当ての屋台を
探し出すことが出来るので、人ごみの中を一軒一軒見て回るという
ような手間も省けます。

目立つ

他にも盆踊り大会などで協賛の会社名などののぼりが
上がっていたりと、様々な用途に使うことの出来るのぼりは
便利なアイテムだと言えるのではないでしょうか。

屋台出店にあたって守らなければいけない注意点をご紹介

屋台出店にあたっては、守らなければいけないルールがあります。
そのひとつが給水設備のことで、第一に使用する水は水道法に定められた基準であること、第二に容量18L以上で蓋と蛇口がついた容器を使うことです。

水道法の基準とはなにかというと、水道の水質というのは化学物質や細菌などが一定の数値以下でなければいけないということが決まっています。つまり水が原因で食べ物や飲み物を口にした人が、食中毒になるのを防ごうというものです。これは飲食業であればなによりも気をつけなければいけないことですから、守って当然と言えます。もし、水質検査をして問題があるようならば、直ぐに使用を中止します。基本的に水道水を使うでしょうが、井戸水や湧き水を使う状況でも水質の基準を守る必要があります。

それから容器については蓋と蛇口がついたタンクを用意しておけば問題ありません。水質基準に合格するためには、給水をする前には綺麗に掃除をしたほうがいいですし、場合によっては定期的に買い替えも検討するべきでしょう。

あと水を使用すればすべてが人の口に入るわけではなく、湯で水や食材を洗った水などは排水になります。ですから給水タンクと同じ容量の排水タンクを用意しておき、環境を汚さないように場所を選んで排水をします。