届いたのぼり旗を早速使用してみましょう

お店の存在をアピールしたり、売りを知らせることで他店との差別化を
はかったりすることは重要です。

しかし、道行く人不特定多数に知らせるにはチラシを配ったりするには
人手がかかってしまいます。

簡単で人手でもかからない、しかもコストも抑えめな方法として注目を
浴びているのが、意外にも昔からあるのぼり旗なのです。

のぼり旗は確かに目新しい方法ではなく拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
それが定着しているということはそれだけメリットがあるから使う方が後を
絶たないという証拠でもあります。

コストを抑える

また、顧客側としても認知度が高いですので老若男女問わず旗が経っていれば
営業している、何か特別なことがあるという認識が染み込んでいます。

つまり、旗があればそれだけで自然と目に留まってしまい注目してしまうのです。

しかも、注文も簡単で自分流にアレンジも効くので無駄のないアピールが
できる点も魅力です。

文字の大きさや字体、色や配置、イラストを入れるなど変えることもできるので
他とは違う旗も簡単にお手頃価格で作ることができます。

また、なんといっても嬉しいのが取り付けが簡単でできたその日から
使用できることです。

注文してから納品までも短期間ですので、一念発起してすぐに使用できるので
チャンスを逃すことも少なくて済みます。

使用するには旗をポールに通して、スタンドとなる土台に水などを入れて
ポールをセットするだけです。

使っているうちにもっと目立つ場所がわかれば移動も簡単ですので、
臨機応変にアピールを変えることもできます。

宣伝

のぼり旗のバージョンを複数注文しておけば時期などによって変えることも
できるので旬なお店のアピールができます。

迅速に出来上がって、しかもそれをその日から使えてしまうのは
のぼり旗ならではのフットワークの軽さだからできることです。

しかも、誰でもできる難しくない設置方法なので効率的な宣伝、手軽、
臨機応変に対応できるとメリットも多いのです。

風の強い日は、駐車場ののぼりには注意が必要

設置

風の強い日の、お店ののぼりには要注意です。
のぼりは風に大変弱く、すぐに折れてしまいます。

よくある話ですが、風の強い日に、駐車場に車を停めていたら、
のぼりが折れて車に傷がついたという事件です。

お店側は、「駐車場で事故が起こっても責任を問いません」と
いった看板が掲げられていることがありますが、それでも
責任を追及されることになります。

のぼり旗をきちんと固定していたのか?

また、どのような方法で固定を行っていたのか、固定されているか
どうかなどの確認を適切にしていたのか、など、いろいろと
質問されると、答えにつまってしまうことでしょう。

のぼりが倒れることで、お客様も、お店側も、損害を
被ることになりますので、風の強い日は、駐車場や、
道路側にのぼりは出して置かないように注意しましょう。

事故

オリジナルののぼり旗を制作するコツ

のぼり旗というのは、既製品の中から選んで手に入れるという
方法もありますが、オリジナルのデザインで制作をして
手に入れるという方法もあるものです。

既製品の場合には、すでにデザインが完成されていますから、
より良い物を選べば良いだけですが、オリジナルの場合には
自分でデザインを考えなければなりませんから、既製品とは
違った注意点というのが出てくるものです。

作る

例えば、のぼり旗に文字を入れる場合に、情報量が多すぎると
少し離れた距離からだと内容が認識できない場合があります。

自分が画面上でデザインデータを作っていく時には、
間近で見られますから、こういったことに意識が
回らないことがあるものです。

のぼり旗というのは、街の中などに設置をして、多くの人に
見てもらわなければ意味がありません。

場合によっては、交通量の多い大通り沿いの店先に設置することも
ありますから、瞬時に内容の把握できないといけませんから、
字が多すぎたり小さすぎるデザインというのは不向きになるものです。

デザイン