オリジナルのぼり旗を作るポイント

のぼり旗通販でオリジナルのぼり旗を作る際には、
覚えておくと役立つポイントが3つあります。

のぼり製作のポイント

1つ目は、安心の低価格で他の店舗にはないくらいの
種類豊富な品揃えで、他には無いようなオリジナルのぼり旗が
作れることです。

すべての工程にいて中間コストを大幅に削減することで、
低価格でお客様に提供することを実現しています。

毎月新しいデザインを専属のデザイナーにお願いしていて、
随時新しいデザインが追加され、季節ごとに合わせた
商品の特集を組んだりと、他の店舗にはない充実した品揃えで
オリジナルのぼり旗を作ることが可能です。

2つ目は、日本に数十台しか存在していない最新の機器が導入され
工場間の行き来を減少することに成功していて、自社で生産しているからこそ
大幅な作業工程の大時間短縮がされています。

特にオリジナルの作成ならば、通常便で土日を除き4営業日以内、
特急便ならば2営業日で出荷して貰うことができるので
急ぎの方も安心して頼むことができます。

また当日の午前中までならば既成のものや注水台ポールは
当日の出荷対応もしてくれますので、あらゆる場合に
柔軟に対応してくれます。

最後に支払い方法も様々対応していて、銀行振り込み、代金引換、
クレジットカード決済、NP後払い、締め支払い、など
5種類の支払い方法に対応しているので、利用する方が
1番支払しやすい方法で払えるように、幅広い方に
対応出来るように支払方法にまで配慮されていています。

それ以外にも、初めての方でも簡単に注文出来るように
「らくらく注文」にも対応しているので、気軽に頼むことができます。

楽に注文できる

のぼり旗の印刷が激安の理由とは

のぼり旗は本来、手作業で布を染め上げる工法で
仕上げていくものです。

そのためにかなりの手間をかけることで費用も
それに応じて必要となるものです。
けれども今ではそれを、激安で行うサービスが増えています。

その理由は、大判プリンターを活用することで簡単に
のぼり旗を作成することができるようになったからです。
その作業工程は、まずネットからデザインに必要なデータを
入稿することから始まります。

それをもとにしてレイアウト加工を行い、プリンターにセットして
転写用の紙に印刷します。

それを使用する布と合わせて熱処理を加えることによって、
紙に印刷されたインキを布に転写することができるわけです。
このように印刷技術を利用して簡略化された作業工程と
染めのような熟練の職人を不要とすることで、
激安料金で提供できるわけです。

数ヶ月サイクルでのぼり旗のデザイン交換を行う需要に
上手くマッチしたサービス内容となるために、多くの需要を
生み出すことにつながっています。

蛍光のぼり旗を写真入りで作ることはできる?

のぼり旗は最強の宣伝ツール!

商品をたくさん売りたい、お客さんをたくさん呼びたいと思った時に
必要となるのが、宣伝です。

宣伝にはさまざまな方法がありますが、敷地に余裕があるのならば、
のぼり旗を採用してみることをおすすめします。

ポスターやチラシを配るなどの方法もありますが、どうしても手間がかかります。

その点のぼり旗ならば無人でもできますし、外から見たときにひらひらと
目につくので、顧客へのアピールを目指すにはピッタリのツールです。

既製品のものもたくさんありますが、せっかくならばオリジナルの蛍光の
目立つものを用意してみてはどうでしょうか。

蛍光色

のぼり旗はどこのお店でも利用しているので、ありきたりなものだと
かぶってしまったり、顧客の印象に残らず、宣伝効果が薄れてしまったりします。

せっかくお客様の目に触れるのですから、顧客の心に最大限アピールできる
ようなものを作成すれば、売り上げアップにもつながります。

明るい色はぱっと目を引くことができ、元気で明るいイメージを与え、
お店のイメージアップも計れますし、入って中を見てみたいと思わせる
ことができます。

初めての人は入るのをためらってしまうことがほとんどなので、その解消にも
一役買ってくれるはずです。

もっと個性を出すにはどうする?

個性の溢れるのぼり旗を製作したいと思ったとき、そのデザインに写真を
入れてみてください。

写真入りのデザインはまさしくオリジナルで、見る人に強烈な印象を与えてくれます。

個性的な店長の写真を使ってもよいですし、お店の一押しメニュ―を一面に
入れても面白いものです。

費用はかかりますが、蛍光ののぼり旗に写真を入れる事も可能です。
のぼり旗は、その素材や使用する塗料、色の数、デザインなどによって金額が異なります。

写真を使う

こだわるとそれなりに費用は掛かってしまうのですが、他の店と一線を画したい、
差別化したいと思うならば決して痛い出費ではないでしょう。

無難に既製品にしてしまうよりも、集客効果やその他のところで元が取れることに
気が付きます。

なにより、一度作れば長い間使用することができますから、コストパフォーマンスも
高いです。

長期間使用することを考えても、できればオリジナリティー溢れた、顧客の目に
訴えることのできるものを作りたいものです。

光色に写真入りののぼり旗、何気なく外を歩く人にも十分に訴えかけることができ、
迷っている人には選択肢の一つとして後押ししてくれるその宣伝効果は抜群であると
いえるでしょう。

届いたのぼり旗を早速使用してみましょう

お店の存在をアピールしたり、売りを知らせることで他店との差別化を
はかったりすることは重要です。

しかし、道行く人不特定多数に知らせるにはチラシを配ったりするには
人手がかかってしまいます。

簡単で人手でもかからない、しかもコストも抑えめな方法として注目を
浴びているのが、意外にも昔からあるのぼり旗なのです。

のぼり旗は確かに目新しい方法ではなく拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
それが定着しているということはそれだけメリットがあるから使う方が後を
絶たないという証拠でもあります。

コストを抑える

また、顧客側としても認知度が高いですので老若男女問わず旗が経っていれば
営業している、何か特別なことがあるという認識が染み込んでいます。

つまり、旗があればそれだけで自然と目に留まってしまい注目してしまうのです。

しかも、注文も簡単で自分流にアレンジも効くので無駄のないアピールが
できる点も魅力です。

文字の大きさや字体、色や配置、イラストを入れるなど変えることもできるので
他とは違う旗も簡単にお手頃価格で作ることができます。

また、なんといっても嬉しいのが取り付けが簡単でできたその日から
使用できることです。

注文してから納品までも短期間ですので、一念発起してすぐに使用できるので
チャンスを逃すことも少なくて済みます。

使用するには旗をポールに通して、スタンドとなる土台に水などを入れて
ポールをセットするだけです。

使っているうちにもっと目立つ場所がわかれば移動も簡単ですので、
臨機応変にアピールを変えることもできます。

宣伝

のぼり旗のバージョンを複数注文しておけば時期などによって変えることも
できるので旬なお店のアピールができます。

迅速に出来上がって、しかもそれをその日から使えてしまうのは
のぼり旗ならではのフットワークの軽さだからできることです。

しかも、誰でもできる難しくない設置方法なので効率的な宣伝、手軽、
臨機応変に対応できるとメリットも多いのです。

一般的なのぼりの通常サイズとは? 

一般的なのぼり旗の通常サイズですが、600ミリ×1800ミリが
よく見られる通常サイズです。

のぼり

設置場所が狭い時、例えば、通路が狭い室内などに設置する場合は、
450ミリ×1800ミリのものが用いられます。

中には、900㍉×4000㍉のジャンボサイズのポールなども
市販されています。

このサイズの他にも横はそのままの長さで、縦の方向が
少し短いサイズもあります。

つまり、このサイズでなければならないと言った決まりはありません。

ですが、のぼり旗を掲げるポールのサイズを考えると、
450㍉×1800㍉、または、600㍉×1800㍉のサイズが
最もよく見かけるサイズといえるでしょう。

旗

通常サイズでも、商店街によっては、のぼりの大きさに
規制がある場合もありますので、よく確認してから
オーダーしましょう。

風の強い日は、駐車場ののぼりには注意が必要

設置

風の強い日の、お店ののぼりには要注意です。
のぼりは風に大変弱く、すぐに折れてしまいます。

よくある話ですが、風の強い日に、駐車場に車を停めていたら、
のぼりが折れて車に傷がついたという事件です。

お店側は、「駐車場で事故が起こっても責任を問いません」と
いった看板が掲げられていることがありますが、それでも
責任を追及されることになります。

のぼり旗をきちんと固定していたのか?

また、どのような方法で固定を行っていたのか、固定されているか
どうかなどの確認を適切にしていたのか、など、いろいろと
質問されると、答えにつまってしまうことでしょう。

のぼりが倒れることで、お客様も、お店側も、損害を
被ることになりますので、風の強い日は、駐車場や、
道路側にのぼりは出して置かないように注意しましょう。

事故

オリジナルののぼり旗を制作するコツ

のぼり旗というのは、既製品の中から選んで手に入れるという
方法もありますが、オリジナルのデザインで制作をして
手に入れるという方法もあるものです。

既製品の場合には、すでにデザインが完成されていますから、
より良い物を選べば良いだけですが、オリジナルの場合には
自分でデザインを考えなければなりませんから、既製品とは
違った注意点というのが出てくるものです。

作る

例えば、のぼり旗に文字を入れる場合に、情報量が多すぎると
少し離れた距離からだと内容が認識できない場合があります。

自分が画面上でデザインデータを作っていく時には、
間近で見られますから、こういったことに意識が
回らないことがあるものです。

のぼり旗というのは、街の中などに設置をして、多くの人に
見てもらわなければ意味がありません。

場合によっては、交通量の多い大通り沿いの店先に設置することも
ありますから、瞬時に内容の把握できないといけませんから、
字が多すぎたり小さすぎるデザインというのは不向きになるものです。

デザイン

通販で人気があるのぼり旗の規格は?

のぼり旗を用いる場合、目的とする用途は何かやそれを掲げる場所が
どこになるかによって、大きさや使用する生地などを検討する必要があります。

一般的には野外での使用が多くなりますが、選択する大きさの決め手は
幅となります。幅はそれがあり過ぎると見づらい場合もあったり、
小さいとそれほどはためかないことでインパクトがない場合もあり得ます。

基本的にのぼり旗の形状は幅が狭くて縦長の形状が適しており、
その形状だと場所が邪魔にもならないので優れています。

特に通り沿いなどに掲げる上では幅が広いと邪魔になる可能性もあるため、
幅も狭く細長の長方形の形が一番最適となります。

通販

通販などでも扱うことが多い一般的な規格としては、
幅600mm×縦1,800mm、幅600mm×縦1,500mm、
幅450mm×縦1,800mm、幅450mm×縦1,500mmの
四つのサイズが主流で、その他にも幾つか大きさを
調整できることもあります。

もちろん通販でも人気のあるサイズはこの一般的な規格に基づいて
製作されたものです。

街頭などでもよく見られるのぼり旗のサイズは、そのいずれかに
なることが多いです。

お店

実際にそのサイズののぼり旗の規格が選択される理由としては、
大量印刷にも適していることと一般的であるためコストを抑制できる
メリットがあるからです。

通販の価格表でもその四つをメインに料金表を作成していることも多く、
それだけよく購入され人気のあるサイズといえます。

通販サイトによっては幅600mm×縦1,800mmをレギュラー、
幅600mm×縦1,500mmをショート、
幅450mm×縦1,800mmをスリム、
幅450mm×縦1,500mmをスリムショートといって
区別する所もあります。